出産費用ってどんなもの?

出産費用とは、妊娠してから出産後、自宅で赤ちゃんと過ごすようになるまでの間にかかる費用のことをいいます。

大きく分けると以下の3つに分かれます。


◆出産前の検査・定期健診代

→妊娠中に病院で行う検査や定期健診の費用です。経過に異常がない限り、かかる費用はだいたい皆同じです。


◆分娩・入院費

→出産とその後の入院費です。どこで、どのように産むかで費用は大きく変わります。


◆上記以外にかかる費用

→マタニティグッズやベビー用品、お祝い返しなどの費用です。人により費用のかけ方に差が出るところです。


こうしてみるとずいぶんお金がかかりそうですが、少子化対策のおかげで、病院などにかかるお金は国や自治体が負担してくれる割合が高くなってきています。
その他の費用をなんとかやりくりすれば、さほどお金の心配をしなくても赤ちゃんを産める世の中になりつつあります。

とはいえ、妊娠期間中は突然何か起こるかわかりません。むしろ「まったく何もなかった」という人のほうがめずらしいくらい、赤ちゃんは突然やってくるものです。
「こういうお金もかかるかもしれない」ということを頭の中にいれておいて、何があっても安心して赤ちゃんを産んでくださいね。

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】