費用の準備について

分娩・入院費の支払いは、退院するときに支払うのが一般的です。病院によっては、出産を決めたら内金を払い(10円とか)、最終的な残りを退院時に払うシステムのところや、後日請求書を送る病院もあります。

以前だと、この費用は一旦すべて自分で払い、後から自分が加入している健康保険組合に出産育児一時金を申請するという仕組みになっていました。
ですから、たいていの人は事前におおよその費用を把握し、事前にお金を用意しておく必要がありました。

しかし平成21年10月からは、病院が出産育児一時金を直接保険組合から受け取る仕組みに変わります。
しかも、出産育児一時金の金額が38万円から42万円にアップします。(※)

そうなると、オーバーした分だけ自分で用意すればいいだけとなり、以前よりも費用準備の負担がぐっと減ります。

平成21年10月より前でも、事前に申請手続きをすれば、出産育児一時金を直接病院に支払ってもらうことができます。
資金準備が不安な人は、この制度を利用しましょう。
予定日が10月前後で際どい人も、あらかじめ準備をしておいたほうがよさそうですね。

詳しくは「自己負担ゼロは可能?」の項を参照してください。


妊娠の経過によって急な処置や入院が必要になった場合は、何かの区切りで一旦締めて請求されることがあります。
予定日よりもかなり前な場合は、出産育児一時金をあてにできませんので、別な方法で準備することも考えておかなくてはいけません。


※平成23年4月以降の方針に関しては現在未定です。この方針が続けばいいですね。

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】