分娩・入院費

出産費用全体の中で、一番費用がかかり、かつバラつきが大きいのが分娩・入院費です。

厚生労働省研究班の調査によると、全国の医療機関における分娩・入院費の総額の平均は42万4千円だそうです。
都道府県別に見ると、最高は東京の51万5千円、最低は熊本の34万6千円でした。

地域による差のほかに、産院の種類の違いや相部屋か個室などかの違いでも、金額に大きな差が出ます。
産院別のおおよその費用は以下のとおりです。

大学病院:35万円前後
総合病院:35~40万円
個人病院:40~100万円
助産院:30~35万円
自宅出産:30~35万円(基本的に助産院と同じ。入院がない分安い。)

大学病院は安い上に施設も整っているところが多いですが、実習生や研修医が入れ替わり見学に来る、というようなことがあります。

助産院も人気がありますが、妊娠中の経過が順調な人、経産婦のみ、など条件を設けているところも多いようです。

また、個室を希望すると最低でも1日1万5千円が5~6日分プラスされると考えておきましょう。(セレブ出産だともっと!)
それでも、来客が多そうな人や産後ゆっくりしたいという人には個室の人気が高いです。

出産後には、子宮がんの検査や産後検診を行ないます。費用は5千円~1万円くらいです。

その他、普通分娩か帝王切開か、平日か休日かなど、最終的にはいろんな要素が絡んで分娩や入院費が決まります。


分娩・入院費に関しても、健康保険から「出産育児一時金」というお金が出ますので、それをあてることができます。
詳しくは、「出産費用の準備」の項を参照してください。

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】