働くママの手当


◆出産手当金

会社勤めをしている妊婦さんで以下の条件にあてはまる人が、会社の健康保険からもらえるお金です。

・扶養に入っていない人

・産休を取っている人、または1年以上会社の健康保険に加入していて、退職後6ヶ月以内に出産した人

退職後もその健康保険に任意継続して加入していれば、加入資格がなくなったときから半年以内なら出産手当金がもらえます。
退職を予定している人は、よく計算してから時期を決めましょう。

残念ながら、国民健康保険の人には支給されません。


支給額は、産前産後計98日分×日給×6割です。(日給=月給を日割りしたもの)

(例)
月給30万円・・・日給1万円
1万円 × 0.6 × 98 = 588,000円

出産手当金は588,000円となります。相当な額のお金ですね!


手続きは、産休・育休中のママさんは会社を通せば問題ないですが、退職したママさんは自分でしなければいけません。
勤めていた会社から「健康保険出産手当金請求書」を取り寄せ、出産後、産院、自分、会社、それぞれの必要事項を記入してもらって提出します。

◆育児休業給付金

育休中のママに適用されます。(パートの人ももらえます。)

育休中の支給額は月給×3割×育休月数分で、2ヶ月に1回、まとめて支給されます。

また、復帰6ヶ月後経過したら、月給×2割×育休月数分がまとめてもらえます。(半年よくがんばったねってことでしょうか。)

ただし、育児休暇中に8割以上の給料が出る人はもらえません。

申請は、育休開始後10日以内にハローワークに提出するのですが、会社がやってくれる場合は産休に入る前に提出しておきましょう。

また、平成22年以降は育休中の支給が5割、復職後4割に増える予定です。がんばって働き続けるのもよいですね!

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】