高額療養費制度


保険が適用される医療費の自己負担が高額になった場合、自己負担限度額を超えた部分が払い戻される制度です。
帝王切開など妊娠・分娩中に医療処置があった場合は保険が適用されるので、申請をすれば戻ってくる場合があります。

社会保険の人は、会社が手続きを行って払い戻しをしてくれるところも多いので、特に何もしなくてもよい人がほとんどです。
一部、会社が手続きを行ってくれないところや、国民健康保険に加入している人は、自分で申告する必要があります。


自己負担限度額は所得により変わります。
限度額は1ヶ月区切りで、ふた月にまたがって払った額は合算することができません。

・一般 ... 80,100円+(医療費-267,000円)×1%

・低所得者(生活保護や住民税非課税世帯など)... 35,400円

・上位所得者(標準報酬月額53万円以上)... 150,000円+(医療費-500,000円)×1%


同一世帯で1年間に高額療養費制度が4回以上適用された場合は、4回目から自己負担額の上限は一般で42,000円まで下がります。


(例)
1ヶ月50万の医療費がかかったとすると、とりあえずの自己負担額は3割にあたる15万円です。高額療養費制度を利用すると、

80,100+(500,000-267,000)×0.01=82,430

払い戻し額は82,430円となり、最終的な自己負担は67,570円で済みます。


【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】