出産育児一時金の請求方法


出産育児一時金の請求方法について説明します。
赤ちゃん一人につき38万円、平成21年10月以降は42万円支給されます。

対象となる出産は、妊娠85日以上の出産です。85日以上の出産であれば、生産・死産・流産・人工流産でも支給されます。
出産後2年までさかのぼって請求することができます。


◆世帯主が会社や団体に勤務している場合 → 勤め先の健康保険組合が申請用紙の請求や提出の窓口になります。

◆自営で国民健康保険に加入している場合 → 住んでいる地域の役所が窓口です。


出産育児一時金の受け取りは、出産後に申請してからもらう方法と、事前に申請して医療機関に直接受け取ってもらう方法があります。
どちらも手続きの手順はそれほど変わりません。

里帰り出産で産院が未定な人は、産後に申請するのがよいでしょう。


◆事前申請の手続き

1.出産前に申請用紙をもらいます。
2.出産予定の医療機関で、申請書の受取代理欄を記入してもらいます。
3.窓口に提出します。(郵送も可)

※注意点・・・病院が受取代理をしてくれるか確認し、病院を決めたら変更しないでください。(変更した場合は産後手続きになります。)


◆産後申請の手続き

1.出産前に申請用紙をもらいます。
2.出産後、出生証明書や保険証、印鑑、振込先の口座番号など必要書類を用意します。
3.窓口に提出します。


【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】

【スポンサードサーチ】